リレンザは吸入タイプのインフルエンザ治療薬です。吸入して使用するのにコツが必要だったり年齢制限があることからタミフルと比較してあまり使用されていませんでしたが、現在ではリレンザも多くの方に使用されています。当サイトではリレンザに関する情報を詳しく紹介していきます。

病原体
サプリメント

タミフルは世界的にも利用されている効果に優れたインフルエンザ治療薬です。
一般的にインフルエンザ治療薬は発症時に症状が増悪しやすい子どもや高齢者に処方される傾向があるのですが、タミフルは例外的に子どもへの処方が禁止されています。
この理由としては日本国内で発生したタミフルを処方された子どもの異常行動があり、このリスクを懸念して日本国内では子どもへの処方が禁じられているのです。
医療機関側としてもこうした判断に基づいて処方を決めていますから、何らかの理由でタミフルを処方しなくてはならないような状況にあるわけでも無い限り処方されるということはないと見て良いでしょう。
ただ少々知っておきたいポイントになるのは、この処方された子どもに引き起こされる異常行動について明確な因果関係が明らかにされていない部分です。
日本国内では異常行動の事例が報告されているのが事実であるとはいえ、海外で日本ほどタミフルによる異常行動が問題視されていることはありません。
また医学・薬学的な研究の中でもタミフルによる異常行動については因果関係が特定できておらず、一応インフルエンザ脳症によって異常行動につながったのではないかなどの説が出てきているものの、結論は未だに出ていない状態が続いています。
もちろん「結論が出ていないのならばリスクがあることを否定できないのではないか」という意見はもっともなものですし、事実として日本ではこのリスクがあることを否定できないために処方を原則禁止にしています。
ただタミフル自体はインフルエンザ治療の効果が極めて優れている薬であるため、危険なものと頭ごなしに否定するのではなく薬としての価値は高いことをしっかり認識してください。

タミフルを使用するのは日本が多い

インフルエンザになったら、タミフルなどのインフルエンザ治療薬を飲む必要があると思っている人も多いかもしれませんが、実はこのような認識を持っているのは、日本くらいしかありません。
日本は、タミフルなどの抗インフルエンザ薬の、世界消費量の約75パーセントを占めています。
そのため日本では、ほかの国に比べると圧倒的に多くの抗インフルエンザ薬が処方されているという事実があり、世界から見れば一般的ではないということになります。
基本的に健康な人であれば、インフルエンザに感染しても、自力で治すことはできます。
日本では本来投与しなくても元気になる可能性が高い人に対しても、薬が処方されているため、日本では多くの抗インフルエンザ薬が使用されています。
アメリカでは、入院を必要とするような重症な人や、高齢者や乳幼児、妊婦、気管支喘息、糖尿病、慢性の心臓病などの持病がある人のみ、薬が処方されます。
ただ抗インフルエンザ薬は、症状がある期間を短くすることができるため、日本では、本来投与が必須ではない人に対しても、処方されるケースが多いといえます。
どのような薬でも、必ず副作用があります。
副作用としては、飛び降りなどの異常行動が問題になりました。
これについては、まだ因果関係は解明されていませんが、原則的に10歳以上の未成年に対しては、タミフルは使用しないようになってします。
世界的に見ると、日本は抗インフルエンザ薬の使用が極端に多いといえます。
ただ使うか使わないか、どちらが正しいということはありません。
治療の効果や副作用の可能性、病原性の高いインフルエンザウイルスの流行状況などもありますから、天秤にかけながら医療と関わっていくことが重要です。

タミフル以外のインフルエンザ治療薬の効果

40度の高熱が出ると、誰しも自分は何の病気なのか非常に気がかりになります。
とくに冬場にこうした高熱が出た時には、風邪ではなくインフルエンザウイルス感染を疑うべきであると言えるでしょう。
冬は気温が下がるとともに空気が非常に乾燥します。
湿度50パーセントを大幅に下回ることで空気が乾き、インフルエンザウイルスが活発に活動し始め、人間への感染の確率も飛躍的に高くなります。
インフルエンザに感染してしまうと、高熱の他、激しい関節痛、嘔吐、下痢を伴い、大人でも日常生活がままならなくなります。
ウイルスが肺で増殖しているために、それを何とか排出しようとしてこうした激しい症状に悩まされることになります。
そのためインフルエンザの治療にはウイルスの増殖食い止める薬が用いられます。
その薬とはタミフルのことです。
タミフルは水で服用すると次第にウイルスの増殖を食い止めて、熱などの諸症状を緩和させていきます。
しかしタミフルはインフルエンザに非常に効果がある薬ですが、小さい子供が服用することでまれに幻覚や幻聴、頭痛や奇行と言った副作用が見られるというニュースが報じられてから、タミフルに懸念感を抱く人も多く出てきました。
そこでこうした人々にはタミフル以外の薬が処方されます。
それがリレンザと言う薬です。
リレンザは粉末の薬であり、口から吸いこんで肺に拡散させます。
そのことで直接的にウイルスの増殖を食い止め、諸症状を緩和させることができます。
リレンザは持病のあるひとのほか、子供や高齢者でも服用しやすい薬であると言えます。
タミフルの様な10代の青少年に処方して幻覚や奇行などの副作用も報告されておらず、安心して用いることの出来る薬と言えます。
通販サイトで安くリレンザが買えるようにもなっているのでインフルエンザ対策として家に常備しておくと良いかもしれません。
予防薬としても利用できるので是非活用したいものです。