リレンザは吸入タイプのインフルエンザ治療薬です。吸入して使用するのにコツが必要だったり年齢制限があることからタミフルと比較してあまり使用されていませんでしたが、現在ではリレンザも多くの方に使用されています。当サイトではリレンザに関する情報を詳しく紹介していきます。

病原体
  • ホーム
  • 意識障害のリスクの予防に役立つぬれマスクとリレンザ

意識障害のリスクの予防に役立つぬれマスクとリレンザ

せきが出る女性

インフルエンザは毎年流行することから大半の人が一度はかかってしまったことのある病気であり、その辛さを誰もが理解しています。
高熱や節々の痛み、吐き気や悪寒など、様々な症状が出てしまうのがインフルエンザであり、なんとかしてかからないままでシーズンをやり過ごしたいと誰もが望みます。
数日で自然に治るという経験を多くの人が持っているものの、重篤化すると意識障害を伴うことがある危険な病気であるのも事実です。
特に小児の場合にはインフルエンザ脳症が起こりやすいことが知られており、それによって意識障害が生じたり、その影響によって後遺症がでてしまったりすることもあります。
そういった高いリスクを持っているのがインフルエンザであることから、予防策は多数知られるようになってきています。ぬれマスクを使うというのはその一つです。
ぬれマスクをすることによって喉の乾燥を防ぐことができるというのがそのメカニズムであり、インフルエンザウイルスの感染経路になる喉の粘膜をぬれマスクで保護することができます。
加湿器によって部屋の湿度を保つということも感染を防ぐために有効な手段であり、湿度に対する意識は予防に欠かせないものとなっています。一方、治療に用いられるリレンザは予防の目的で使用することも可能です。
医療従事者や患者の家族などのリスクが高い人を除くと保険適用外となってしまうものの、リレンザの予防投与によってインフルエンザへの感染リスクを大幅に下げることができます。
そのため、意識障害や後遺症などのリスクが高い小児に対してリレンザを予防投与することによって感染を防ぐということは賢い方法となるでしょう。治療への意識よりもより大事になるのが予防への取り組みです。

人気記事一覧