リレンザは吸入タイプのインフルエンザ治療薬です。吸入して使用するのにコツが必要だったり年齢制限があることからタミフルと比較してあまり使用されていませんでしたが、現在ではリレンザも多くの方に使用されています。当サイトではリレンザに関する情報を詳しく紹介していきます。

病原体

リレンザのメリットとは

ウィルス

リレンザの特徴は、吸入タイプのインフルエンザ治療薬だということです。インフルエンザウイルスは人間の気道で繁殖していきますが、薬を吸入することでウイルスが増殖する気道へ直接薬を吸い込むことが出来るため、ウイルスの増殖する場所へ直接多くの薬剤を投与できるのがメリットです。
すぐにウイルスに薬剤が触れるため、増殖を防ぐ即効性があります。インフルエンザウイルスは体内で増殖しきってからが38度を超える高熱が出やすいという傾向にあるため、なるべく早くウイルスの増殖を抑える薬を投与することで高熱を防ぐ効果があります。
リレンザは吸入を開始して1分後にはすでにウイルスの増殖を防ぎ始めていると言われ、体内に一度吸収されてからウイルスの増殖を抑える効果を発揮する内服薬のインフルエンザ治療薬にはない即効性が期待できます。
また吸入することで身体に吸収されづらく、妊婦さんや授乳中で赤ちゃんへの影響が気になる人の場合でも、口に残った少量の薬を飲んでしまっても粘膜から多少吸収されはしますが、全身への副作用がほとんど起こらないと言われています。
内服薬ではインフルエンザ治療薬での影響を受けて異常行動が出ることがあると言われている小さな子供への処方も多くされています。内服薬に比べると味がほとんどないか、ほんのり甘いと感じる人が居るため、小さな子供の拒否反応が出にくいこともメリットの一つです。
さらにリレンザはインフルエンザの治療としてだけではなく、予防薬としても使用できます。治療薬よりも吸入の回数を減らすことでインフルエンザが発症する確率をさげることが出来るため、大事な会議や試験、イベントがある人も使うことが出来ます。